限界の向こう側へ(自転車ロードバイク編)

行けそうで行けない限界の向こう側を目指してます。

シューズのサイズが重要だと今頃気がつく

シューズのサイズは合わなくなると思う。

 

現在使っているS-WORKSのシューズのサイズを選ぶ時は

長さよりも幅に違和感があり、幅を優先して選んだ記憶があるけど

自転車を続ける事で、足がやせたみたいで幅と長さに違和感を感じるようになった。

 

S-WORKSのシューズはboa クロージャーシステムを採用しているけど

ワイヤーを強めに締め付けても緩く感じるし、足がシューズの中で遊ぶ感じがある。

 

この緩さは、実走や固定ローラーでは少し気になる程度だったけど

3本ローラーの時に凄く気になり不快感を感じるので

間違いなくペダリングや出力に影響が出ているのではないかと。。。

 

それから、昨日、シューズ購入のために足のサイズを測定している時に

「これだけサイズが違ったら、クリートの前後位置も合わないよなぁ~」と思った。

 

というか、前か後か忘れたけど、クリートを調整する時に

「もう少し動いてくれたらなぁ~」と思う時があったので

これはシューズのサイズが合っていないからだと今頃気がついた。(笑)

 

正しいサイズのシューズを履くから正しくクリートが調整できる。

正しいサイズのシューズを履くから正しくペダリングができるようになる。

 

どれだけシューズが重要なのかわかったような気がします。

シューズ交換でパワーアップですね!!(たぶん)

 

新しいシューズが楽しみです。(嬉)