限界の向こう側へ(自転車ロードバイク編)

行けそうで行けない限界の向こう側を目指してます。

フルクラム スピード40C フロントハブ分解(緩むのか?緩みます!)

フルクラム スピード40Cの初期メンテナンスとして

ハブを分解て状態を確認しようと思います。

 

まずはフロントハブから。

 

最近のカンパ系のフロントハブは

緩むべきではないところが緩んだり、シャフトをダメにしてしまって

緩めないといけない所を緩めることができなくなるケースがあるようですが

考えて作業を行えば簡単に緩みます。

 

緩める場所はアルミのシャフトの先端の黒い部品です。

 

f:id:genkai_cyclist:20170318125222j:plain

 

はい、緩みました。

 

f:id:genkai_cyclist:20170318125338j:plain

 

緩め方はシャフトを保持して緩める部分に力を加えるだけです。

あれこれ考える必要はありません、簡単です。

 

こんな感じでシャフトを保持?

 

f:id:genkai_cyclist:20170318125730j:plain

 

緩めるべきところの反対側を使って

このようにシャフトを保持したくなりますがNGです。

保持している場所もねじ込み式なので

これだと50%の確率でしか緩みません、ギャンブルです。

 

それじゃ、こんな感じでシャフトを保持?

 

f:id:genkai_cyclist:20170318130113j:plain

 

できるだけ幅の広いスパナ(5.7mmぐらい)を使用してシャフトを保持すれば

前の方法よりも緩む確率は上がると思う。

 

これで緩めることができるか?

 

シャフトはアルミで柔らかい部品なので

スパナが滑る可能性があり絶対に緩むという保証はない。

まあ、この方法が適切だと思うけど、まだまだギャンブルです。

 

それじゃ、どうする?

 

f:id:genkai_cyclist:20170318130515j:plain

 

二刀流です。

基本的にスパナに力を加えますが他の力が加勢するので

スパナが滑りにくくなりシャフトの保持力も高くなると思います。

そして、両方の工具にかかる力を感じ取りながら

スパナの口の気持ちになり工具のカミ具合を感じつつ

緩めるべきところを緩めれば・・・・

 

f:id:genkai_cyclist:20170318125338j:plain

 

パキンッ!という音と共に緩みます。

 

ホイールを買う時に緩まなかったらどうしようかと思ったけど

絶対に緩めることはできると自分を信じてホイールを購入。

 

あ〜、緩んでよかった。

 

細かい作業が苦手な年齢になりましたが、このような作業なら朝飯前?

いや、午後から作業したから夕飯前か。(笑)

 

そうそう、念のために玉当たり調整部の小さなネジは

緩めといた方がいいと思います。

 

おしまい。

 

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村