限界の向こう側へ(自転車ロードバイク編)

行けそうで行けない限界の向こう側を目指してます。

試着もせずに通販で買ったBontrager のシューズ

f:id:genkai_cyclist:20170710074120j:plain

 

サイズ:EUR 40

 

初めて履いた時は履き慣れてないせいか幅が狭く感じたけど

日を改めて履くと違和感は無くなったのでサイズは正解だったようです。

 

ちなみにローラー台で使ってみた感想としては良い感じです。

今までのシューズよりも小さいのでクリートの調整が上手くいってるみたい。

 

しかし、「サイズが合わない!」ってならなくてよかった。

通販でシューズを買うとドキドキしますね。

 

スペシャライズドのボトルケージが引退

f:id:genkai_cyclist:20170708174931j:plain

自転車を始めた時から使っていたスペシャライズドのボトルケージが引退です。

壊れる事もなく、ボトルが飛ぶ事もなく良いボトルケージでした。

 

Bontrager Batケージ取り付け

f:id:genkai_cyclist:20170708165304j:plain

メジャーなメーカーのボトルケージを何度も購入してみたけど

使わずに終わったものばかりでした。

 

今のところBontragerが最高。

 

Bontragerボトルケージ対決

同時期にBontragerのBatケージとRXケージを買ったけど

使うならBatケージかな。

 

仕上がりと軽さを考えるとRXケージだけと

取り付けた時の状態を考えるとBatケージ。

 

Batケージは取り付け位置が低くなるから

軽さを考えない僕としては魅力的なのです。

 

25.7cmの靴

f:id:genkai_cyclist:20170703155427j:plain

 

インチで考えていたから気がつかなかった。

25.7cmなんですね。

Bontrager RLケージがかっこいい

f:id:genkai_cyclist:20170703154616j:plain

 

仕上がりも良くかっこいい。

使うのが惜しい。

SIGMA SPORT はオリジナルの箱を持っている

f:id:genkai_cyclist:20170703145104j:plain

 

SIGMA SPORTから荷物が届いた。

 

上の箱はボトルケージで下の箱はシューズ。

壊れ物は箱に入れて送ってくれます。

 

西洋人は中身さえ無事だったら

オリジナルの箱はどうでもみたいなので

日本人は神経質なんだなと思う時がある。